「序数 3873 がダイナミックライブラリ libeay32.dll から見つかりませんでした」の対応方針が微妙じゃね?

あの伝説のganymede環境におけるsvn連携のデファクトスタンダーとなっているともっぱらの噂になっているsubversiveのインストールがやたらとはまりどころが多くて困りました。


☆ はまりどころ①:update-siteが分かれている
http://download.eclipse.org/technology/subversive/0.7/update-site/ : Subversive plug-in update site
http://www.polarion.org/projects/subversive/download/eclipse/2.0/update-site/ : Subversive SVN Connectors update site

を二つとも入れないとだめ。最初はけんかしているのかと思ってちょっと悲しくなりましたが、ライセンスの都合なのでほんとは仲良しなのだと思います。もとねたは、http://www.polarion.org/index.php?page=download&project=subversiveなので、たぶんsiteが換わってもここからたどれるはず。


☆ はまりどころ②:インストールガイドがちょっと間違ってる
http://www.eclipse.org/subversive/documentation/gettingStarted/aboutSubversive/install.php

の5. のところ。JavaHLとNative JavaHLでバージョン違うのに両方チェックが入っていて、競合して表題のエラーが発生します。それ困るよ。動くけど。

清く正しく同じバージョンのものを一つだけ入れると大丈夫です。


☆ はまりどころ③:対応方針が微妙じゃね?
上記②の対応で、plugin配下のファイルをコピーすればなおるよ、という解説が日本語でいくつか見つかったのですが、なんというかただしい対応ではないように。

そもそも、原因としてはインストールの仕方が間違っているのに、上塗りするようにバージョン違うやつのdllコピーするのは対症療法じゃん。というか、トラブったら原因追及しようよ、エンジニアとして。

ちゃんと調べればすでに議論されてる問題ってこともわかるし。

http://www.eclipse.org/newsportal/article.php?id=786&group=eclipse.technology.subversive#786























そういや今日は腹筋と背筋と腕立てを80回ずつしました。一日に百回ずつできるようになることが今月の目標です。

























あとこれいいよこれ。