Web サービスの育て方 - チョイスタディの場合

チョイスタディというのは初めて聞きました。

サービスの構築にあたり、噂で聞くweb系的な品質管理ではなく、数字レベルで具体的な品質「管理」をしているように見受けました。バックエンドではgaeも使用しているということで、すごく先端的な感じです。

やっていることとか考え方は僕が仕事でやってきたようなところと似ていますが、染田さんのプロジェクトでは品質の計測をしっかりやっておられるようで、かなり敏腕な印象でした。

個人的には、なにを品質の構成要素として計測するか、今後の課題です。ただ、言い訳すると、ラインカバレッジもリグレッションも、僕の会社の方がレベルが高いです。si案件なので、かけられるコストと要求レベルはもちろん違いますが。客がカバレッジを要求しているとしても、プロジェクト内での品質管理がどうあるべきか、というところに着眼していろいろ考えていく必要がありそうです。リリース回数、なんかも、いまはみてないのですが、記録しておく価値はありそうです。業務的な可用性の要求レベルにも依存しそうですが、品質との相関もあるはずなので。

Quick JUnitというのも初めて聞きました。明日にでも試してみようかと思います。