読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iAnnotate pdfとAji PDF Serviceでナイスなpdfライフ

適当にググっても出てこなかったので、あらかわ先生に対するiPadのプロモーションもかねてメモっておきます。


iAnnotate pdfはpdfリーダーです。
webブラウズしたファイルをダウンロードして保存したり、注釈をつけることができたり、複数のpdfを開いておくことができたりと、何かと高機能です。そのかわり1000円ちょいしますが、まあたいしたことはないでしょう。値段よりは便利だと思います。

これに自分のマシン、macで試してますがwindowでもいけるみたいです、をファイルサーバー的に使うことができるAji PDF Serviceを組み合わせるとナイスなpdfライフを送ることができます。同期とるのがめんどくなかったりとか。いちおう、つけた注釈の同期もとったりできるっぽい雰囲気がありますが、それはまだ試してないです。こっちはただです。


使えるようにするまでの手順はこんな感じです。
1. iPadを買います。pdfを溜め込む予定の方は、容量が多い方がいいかもしれません。
2. iAnnotate pdfを買います。
3. http://www.ajidev.com/iannotate/ から、Aji PDF Serviceのサーバー的なものをダウンロードしてインストールします。適当にやればできると思います。
4. Aji PDF Serviceを立ち上げます。
5. [+] のボタンから同期したいディレクトリを指定します
6. クライアント側で左上のほうにあるダウンロードのアイコンから、「Aji PDF Service」を選択します。たぶん、勝手にサーバーを認識してくれます。すごいね!
7. 同期します。勝手にpdfをダウンロードしてくれます。すごいね!
8. pdf見たい放題。

とまあだいたいこんなもんです。サーバー側のディレクトリ構造を保持してくれるので、ドキュメントの整理なんかもそれほどめんどくさくはなさそうです。


じゃあそんなにpdfを読むかというと、そんなに読まないかもしれません。個人的にはめくるエフェクトなんかがついてるほうが紙っぽくていい感じなのですが、pdfなのでそういうエフェクトはついてくれません。
でもなんとなく勝った気分になれるので(主にあらかわ先生に)、財力のある方は試してみると良いかと思います。