過去に書いた文章を

目の前で読まれるのは恥ずかしいものです。そのうち誰かの書いた提案書を音読しようと思います。